特設ページ

実践研修会

1月25日㈮ 「高次脳機能障害についての理解を深める」をテーマに当院の山路看護師による研修会を行いました。
脳卒中や外傷性脳損傷、低酸素脳症などの疾患から、注意をはらったり、記憶・思考・判断を行ったりする機能を失ってしまうのが「高次脳機能障害」です。
おもな症状としては、失語症、失行、失認、注意障害、半側空間無視、記憶障害、遂行機能障害、社会的行動障害などですが、進行性ではない為、リハビリで改善が見込まれます。
高次脳機能障害は外見からはわかりづらい障害ですが、少しでも理解を深めて頂ければ、と思います。


▲ページの最上部へ

実践研修

12月14日㈮ 「肺の呼吸音を聴く・読む」をテーマに当院の美摩ひろ医師による研修会が開かれました。
呼吸は生命の維持に欠かせない機能(酸素供給)ですが、大量胸水や気胸など緊急事態に陥る場合もあります。
今回の研修会では、呼吸音の分類や名称をおさらいし、どういう時に報告したらよいのかを学習する事によって、聴診の重要性を再認識する機会になりました。


▲ページの最上部へ

デイケア クリスマスイベント

12月8日㈯デイケア恒例のクリスマスイベントとして、ゴスペルクワイアクリケットのミニコンサートが今年も開催されました。
年末にふさわしいクリスマスソングや懐かしい唱歌を、利用者様や病棟の患者様たちと一緒に歌ったり、歌の合間には「うさぎとかめ」の曲で手遊びをし和やかな雰囲気になりました。
アンコールでは「ふるさと」を合唱し、みんなが参加できる楽しいコンサートになりました。


▲ページの最上部へ

実践研修

11月29日㈭、当院の東社会福祉士が回復期リハビリテーション病棟の職員を中心に病棟で必要な知識として「回復期リハビリテーション病棟に課せられているノルマついて」をテーマに、勉強会を開きました。
回復期リハビリテーション病棟は患者様が心身ともに回復した状態で自宅などに戻っていただける様、専門職種がチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施しています。


▲ページの最上部へ

実践研修

10月26日㈮ 当院の金田薬剤師による実践研修会が行われ多くの職員が参加しました。
糖尿病の治療薬や副作用について分かり易い説明とともに、予防、改善の為には生活全般を見直し、リスクをできるだけ減らすことが重要であることを報告していました。


▲ページの最上部へ