障害者生活支援センター

ご相談事例  例えばこんなとき・・・

 Q. 毎日の介護に負担がかかりすぎる。何か良い方法はないか?
 A. ホームヘルパー(訪問介護)を紹介いたします。

 

 Q. 介護者の病気や家庭の事情で一時的に介護してもらえないか?
 A. ショートステイ(短期施設入所)を紹介いたします。

 

 Q. 家でテレビばかり見ているが、何か生き甲斐になるようなものはないか?
 A. 昼間の活動を支援するサービスを紹介します。

 

 Q. 車いすや日常生活に必要な道具がほしいが手続きが面倒で分からない。
 A. 要望にあった福祉機器(車いす・自助具・ベッド・その他)を紹介し、利用申請手続きのお手伝いをします。

 

 Q. 家を改造したいがどうしたらよいか分からない。
 A. 専門の建築士をご紹介し、住宅改造の助成手続きの助言や代行のお手伝いをします。

 

 Q. 旅行に行きたいが、どうしたらよいか分からない。
 A. 旅行業者と連携し、運賃等の割引や障害者に理解のある宿を紹介します。

 

ピアカウンセリング

障害をもつ人たちがお互いの話を聴きあい、自分自身の力を取り戻して行くプログラムです。「仲間」と気軽に話す感覚で、自分ひとりで悩むのではなく、一緒になって考えてみませんか!