「フローラほんだん」が災害時の障害者の避難施設に指定

平成30年5月14日に淡路市と淡鳳会との間で地震などの災害が起きた際、市の設けた避難所に来た障害のある人のうち特別な配慮が必要な人たちを受入れる施設として協定を締結しました。 障害者に特化した避難協定は淡路市では初めてのことで、美摩理事長も「障害者の助けになることができ光栄。市民の安全・安心のため、社会的責任を果たす」とコメント。

スマホ・タブレットでも
ご覧いただけます。

NEWS

身体障害者コミュニティー

Parler
基本理念

1. 一人ひとりの自己決定を最大限に尊重し、その人らしい生き方を追求できるように援助いたします。

2. 一人ひとりが、地域社会の一員として自立を目指し、心豊かで健康な生活が送れるように支援いたします。

運営方針

1.基本的人権を尊重して、利用者一人ひとりの可能性を追求し、自立生活、社会参加ができるように支援します。
2.利用者の生活の質の向上をはかり、安全で、安心して、生きがいのある生活が送れる福祉サービスの提供に努めます。
3.利用者に必要な福祉情報を提供し、地域社会や家族との連携を大切にして運営に当たります。
4.職員は、常に自己研鑽に努め、創意工夫を重ねながら、利用者の立場にたったサービスを心がけます。